クラミジア薬

クラミジア薬〜知らないうちに感染してる恐ろしい性病です〜

クラミジア薬

性病にはクラミジアに限らず、色んな性病があります。

 

けれど、良い治療薬も沢山あります。当サイトではクラミジア感染と
クラミジアの薬に関して取り上げたいと思います。

 

もし感染してしまったら速やかに治療しましょう。

 

ですが根本的に、感染しないに越したことは有りません。

 

まず病気を知り、正しい知識を身につける所から始めてみましょう。

 

クラミジアは、発見、治療が遅れると感染を広げるという事も

 

ありますが、女性は不妊症・男性は前立腺炎等、様々な本当に深刻な爪痕を残していきます。

 

一番ベストなのはやはり、感染経路を知って、感染を避ける事です。
もし感染してしまったら、速やかに治療に入りパートナーにうつさない事。
これ、鉄則ですね。

 

クラミジアの感染経路には、実は落とし穴があるんですね。

 

 

それはクラミジアの感染場所と関係してきます。多くは性器に感染しますがそれ以外の場所に感染するケースもあります。

 

性行為で抱くイメージは皆さん、共通だと思いますが。

 

クラミジアは咽頭や眼に感染することもあるので例え最後の段階まで行かなくても、口での行為により感染する可能性は出てきます。

 

因みに、もともと、クラミジアは結膜炎の一種、トラコーマの病原体として知られていました。

 

粘膜を通して感染する可能性があるからです。

 

喉のクラミジアに関しても、やはり自覚症状が殆どありません。

 

なので口での行為の際に性器への感染を広めてしまう要因になってます。

 

喉に不快な症状が現れたとしても、なかなかクラミジア感染を疑う所まで、きっと行かないでしょう。

 

風邪となんら変わらない「喉の痛み・喉の腫れ・発熱」と言った症状が出る為、間違って風邪の治療をしてしまいがちです。

 

なので、この記事を読んで心当たりがあるという方はまず早急に検査を受けてください。結果、もしも陽性なら直ぐに治療に入りましょう。

 

クラミジアは良い薬を購入して自宅で治療も可能です、検査も同様で今は自宅に居ながら出来ます。

 

クラミジア予防

感染・発症するとHIVになる確率がグンと上がったりして非常に厄介なクラミジアですが。

 

その厄介なクラミジアの感染経路は確かに性交ですが。だからと言って
むやみに性交を怖がる必要はありません。

 

ちゃんとクラミジアを予防する方法はあります。性交による、色んなリスクから貴方とパートナーを守るシンプルな方法。それは

 

 

コンドームの使用です。

 

クラミジアは粘膜を経由して感染

 

しますので性交時に正しく、コンドームが装着されていれば粘膜が

 

 

接触する事はありません。また同時に望まない妊娠等を予防してくれますね。

 

色んなリスクを極限まで減らした上で互いに納得した上で愉しみましょう。

 

勿論、コンドームに破損・劣化が有れば効果は有りませんが、正しい使用方法を守り、しっかり着用すれば口でしてもらう時も互いの粘膜が直に触れる事が無いので、お互いの安全を守れますね。

 

コンドームを使う事によって、感覚が遠くなる・興ざめするから嫌などと言う意見も男性陣から聞くことがありますが。

 

そこは一時の快楽よりもパートナーの安全を選びましょう。

 

そしてコンドームの使用は、同時に、貴方の身を守る事にもなります。

 

感染させない・うつされない事は最低限のルールです。

 

注意一つで防げることです。

 

うつした・うつされた!で大事なパートナーとの関係が崩れたりするのは、悲しいですね。

 

早期発見・早期治療・また感染が解ったら、大事な事なので隠したりせず、しっかり話し合って解決しましょう。

 

色んな愛の形がありますが、充分、防ぐ余地のあるトラブルは防いでほしいと願ってます。

 

クラミジアは予防出来ます、しっかり対応しましょう

 

 

クラミジア薬副作用

罹ってしまったからには何とか治したいクラミジア。

 

今は匿名で検査も出来てクラミジアの薬もネットで取り寄せられる時代になりました。

 

しかし、医師の指導・診察をを省いた上での薬の服用となると副作用が心配という方も多いのではないでしょうか。

 

ここではクラミジア薬の副作用等について簡単に纏めてみました。

 

今回、当サイトで取り上げたのはジスロマックです。

 

マクロライド系抗生物質で、通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患などの感染症治療に用いられる。幅広い治療薬で、用途により、服用の量も違ってくる。子宮頸管炎:尿道炎は通常、成人は1回4錠〔アジスロマイシンとして1,000mg(力価)〕を1回服用。主な副作用として、下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、血栓性静脈炎など。  その他、異変を感じたら速やかに医療機関を受診しましょう。

 

もしも、この薬が合わないと感じましたら、無理をせず、先生に相談して

 

みましょう。治療薬は他にも有ります。

 

やはり治療が不完全だと男女ともに、後々不妊症等の重い後遺症?や悪影響が残りますので、可能な限り、やはり医療機関を受診し、専門医の指導の基で治療に専念してほしいと思うのが正直な所です。

 

クラミジアの薬の副作用に警戒するより完治させることが最優先です。

 

自分の為に、パートナーの為に、しっかり治療しましょう。

 

クラミジア耐性

 クラミジアに関わらず、性感染症に罹った時に用いられるのが抗生物質ですね。しかし、この処方された抗生物質を自己判断で誤まった服用をすると様々なリスクが出てきてしまいます。

 

誤まった服用とは、自己判断で服用を中止したり服用の量を勝手に調節したりする行為を指します。主にどんな危険性が有るのかと言うと。

 

クラミジアに耐性が出来てしまったり完治に要する時間が他の人より掛かってしまったり。

 

再度、菌に感染しても今度は薬が効かなくなってしまったりして治療法の選択が限られたものになってしまう

何故、治療法の選択が限られてくるのかと言うと菌が抗生物質に対して耐性を持ち、薬の効果を期待できないばかりか

 

症状が悪化する事態も起こりうる

 

正しい治療法として、マクロライド系、テトラサイクリン系ニューキノロン系の抗生物質・抗菌剤を2週間程度服用します。

 

(薬によっては一度の服用で効果を得られるものも)投与する事で治療出来ます。

 

症状そのものは数日で感じなくなる事が多いのですが、まだ保菌状態

 

である場合があるので、医師の指示通り服用する事が大切です。

 

服用しきった所で再検査して医師から、しっかりと完治の診断が出されるまで、しっかり通院することが大事です。

 

因みにアジスロマイシン耐性のクラミジアも増えているので万が一、感染し治療が必要になった場合は、よく医師と相談の上で的確な治療法を見付けましょう。

 

また、色んな事情で医療機関を受診できない方でも一人で感染に怯える必要はありません。

 

自宅で、しかも匿名でSTD検査キットで検査が出来ます。

 

結果、仮に菌が検出され陽性でも治療は同じく自宅に居ながら可能です。

 

検査・治療共に自宅に居ながら可能な環境は整ってます。後は積極的にまず感染を疑ってみて行動してみましょう。

 

加害者に成らない、勿論被害者にも成らない為に出来る事を始めよう

 

クラミジア治療

 クラミジアの治療って、思いの外短時間で済みますね。

 

いざクラミジアの治療が始まれば、本当に短時間で治療は完了します。

 

なので、男女ともに一度でも直に粘膜が触れ合う、コンドーム未使用の状態での性交経験が有る方は、もっと積極的に感染を疑い検査して感染を食い止めて頂きたいと願います。

 

自覚症状が殆ど無く、けれど進行すると不妊症に陥る恐ろしい病気です。

 

自覚症状が無い為に本人さえ発症に気付いてない。

 

そうなると相手に感染させまいとする考えも、まず浮かばず。

 

そういった意味で非常に怖い病気ですね。

 

悪意も何もないまま加害者になっている。

 

 

蔓延するクラミジアの背景には、こういった事情が有る事を

 

知って、一人一人の強い意識と認識で食い止めてほしいと願います。

 

因みに、クラミジアの治療で用いられる抗生物質は多々ありますが

 

だいぶ浸透してきた「常識」に成りつつ有る事ですが。

 

昨今、家に居ながら検査も治療も出来る時代になって来てます。

 

長い待ち時間も無い。受診の為に仕事に遅れる必要も無い。

 

普段の生活リズムを乱すことなく検査も治療も出来るんです。

 

また、こちらも「常識」になって来てますが、男女どちらかのみの

 

感染・発症と言うのは考えにくいですね。

 

感染を疑い、検査する時は男女共に、一緒に受けましょう。

 

そして、処方分を服用完了後、再度検査して陰性の結果が出るまでは極力は無防備な性交を控えるのがベストですね。

 

クラミジアの治療は簡単ですが、まず感染しない事が大事です

 

ホーム RSS購読 サイトマップ